クレンジングで気になる肌のくすみを解消したいときは

20代の頃はツヤツヤした肌をしていたのに、徐々に肌に透明感がなくなり、毛穴の開きや黒ずみが目立ってきたという方は、クレンジングを見直し、肌のくすみを解消するようにしてください。
そのままにしていると皮膚の色がますます暗くなっていくので、ファンデーションがのらなくなってしまいます。

クレンジングの仕方が悪いと、くすみを改善できなくなります。
もし洗浄力の強すぎるものを使っているなら、肌に優しいものに切り替え、皮膚に余分な刺激を与えないようにしましょう。

クレンジングのくすみに関する情報が幅広く集まります。

洗浄力の強すぎるものは必要な皮脂まで落としてしまうので、肌が乾燥しやすくなります。
乾燥すると角質が厚くなるので、常にうるおいを与える必要があります。



肌の生まれ変わりの周期は通常28日ですが、加齢や乾燥、紫外線などにより、年々新陳代謝が遅くなるので、角質が厚くなり、透明感が失われていきます。さらに間違ったクレンジングをしていると、くすみの原因である皮脂が剥がれ落ちずに残りやすくなります。
皮脂が毛穴に詰まって黒ずみが発生すると、暗い色の肌になるので、正しい洗顔を行うようにしてください。



クレンジングで肌のくすみを解消したいときは、乾燥させないようにしっかり保湿し、毛穴に汚れをためないことが大切です。オイルタイプは洗浄力が強いので、肌に優しく、保湿力の高いクリームタイプを選びましょう。
洗浄力が弱いので濃いメイクは落としにくいですが、その場合は普段よりも多めに使用したり、その日だけオイルタイプを使うことで対処するようにしましょう。